Systemd 専制の危機

Systemd が好きかと問われれば、嫌いである。

しかし問題の所在は好き嫌いではない。

Systemd がデファクトスタンダードと化し、カーネルにさえも侵入している実情が危険である。恐怖も覚える。

SysVinit は旧い、管理しづらい、良くない。しかしだからといって、Systemd にする必然性は全く無い。「Windows がだめなら Macintosh にすれば良い」と言うような屁理屈になっている。

言うまでもなくそもそも、OSがGNU/Linuxである必然性も無く、カーネルがLinuxである必然性も無い。

OSならばBSDも在るし、カーネルならばBSDだろうがMachであろうが良い。だから例えばGNUがMachを今も手がけていることは正常である。

既にSystemdは、udevを吸収し、また、cgroupはカーネルと一体となり、dbusまで書き換え始めている。この独裁の事態が危険である。

そもそも「オープンソース」とか言って、コンテナの乱用だとか実質プロプライエタリ化(ユーザの奴隷化)だとかいうように、拝金化しておかしなことをやる人達の方が社会的に声がデカくなっている。これでは全くもって、マイクロソフト専制君主と同じ実情である。

つまり各企業はマイクロソフトを王座から引き摺り下ろして、栄光を手にしたいということなのだろう。

それでは目的の定義を間違えている。

我々は、社会構造に支配されるという本末転倒から解放されねばならないのだ。己を解放せねばならない。そうしなければ、何のために生きているのかも解らない酔っ払いである。

貨幣や人間社会は道具に過ぎず、所与のものではない。地球や(人を含め)動植物は所与のものである。だから何のために生きるべきかは明白だ。

他人を迫害しては己にバチが返って来るのと同様に、地球を壊しては、我々は死ぬ。我々は一体であり、地球や宇宙は一体であるからだ。

ふざけている場合ではない。どうすれば資源エネルギーコストを減らして、皆が食いっぱぐれないようにしつつ、地球に恩返しをやれるのか、私はずっと考えているし、皆そうすべきだ。

それでともかく、Systemd がデファクトスタンダードになると、既成事実に我々は支配されるわけだし、また、Systemdしか無いということになればそれは脆弱性である。

多様であること、相違性があること、diversity, variety は、強靭さの源である

顧客を道具化する商売と、公私混同と

「西宮市Twitter乗っ取り報道、実は担当者がゲームで遊んでいただけだった」(「アスキー」=角川書店)


「担当者」が同じ端末で「ゲーム」と自称する似非ゲームの何かの「アプリ」と称するブロブをやっていたから、誤爆したんだろう。

つまり、公用端末と私用端末の分離がなされていない。広報用の端末を私用に用いるというのは話にならない

同じように先日に「日本年金機構」と称する社保庁がやられたのも、一般端末に顧客情報をコピーしたことが原因だ。こちらは明らかに規則違反であるが、自社の規則すら破る組織なのである

こういう問題外の組織がむしろ一般的である。そのことは私の今までの死にそうな(いっぺん死んだ)社会経験から判っている。

さらにいえば、業務を私生活に「お持ち帰り」しないと回らない組織がたくさんある。それが脆弱性にもなるわけだ

最早、自爆であり、なんの擁護もしえない


もう一点として、「アプリ」と称するブロブにしても、あるいは多数の「キャンペーン」にしてもそうだが、顧客の足許を見て、悪用して宣伝し、カネヅルにする連中が一般的になった。

おかしいと思わないのか? 鬼畜だな

こうして、スパムにしてもなんにしても、社会的害悪が流布され、むしろフツーと化している。

例えば追跡型Cookieや、不要なJavaScriptにしてもそうだ。こういうのは顧客を悪用して金を稼ぐのに必死な奴らだ。そしてその転送量が、全世界のInternetを圧迫している。

誰も得しない

目先のカネしか見えていない。自分のことさえよければいい。そういう鬼畜の皆さんだ

どう考えてもヤバいとしか思えないのに、彼らにはその感覚すらないのだろう。彼らというか、そもそもの社会にそうした感覚が欠如し、血も涙もない鬼畜の群れの餓鬼畜生の修羅場になっている

もう遅いのだろう。遅すぎたんだ。もう腐っている。治せない

xf86-video-intel の sna と uxa の件

Intel GPU における、X.org のグラフィックの話である。

sna と uxa と glamor のどれにするかという結論が出ない。

sna はサンディブリッヂの名を冠している、近年の Intel GPU 用で、高速である

私のところでも、snaが最も速い。だが、ソフトウェアによっては、レンダリングがおかしくなったり、ちらついたりする。

uxa や glamor では、起こらない。なお、glamor は xf86-video-intel ではなく、 xorg-server にもう入っているはずだ

なんでおかしくなるのかとかIntelは直さないのかとか、いつになったらメジャーバージョンアップするのかとか、少なくとも私には不明である

uxa とglamor のどっちが良いのかも、私には断定しえていない。

そもそもその辺の議論が、日本語ではあまり見当たらない。

さらにそもそもはきっと、GNU/Linuxのユーザ人口や、フリーソフトウェア意識が、日本社会には足りないのだろうが。まあ日経とか殊に喧伝されるUbuntuとかあれだからね、フリーソフトウェアをわざと解っていない人達ですし。だからまあ、詳しいカスタマイズとか議論とか、あまり見当たらないだろうな